2017年5月14日日曜日

気を引き締めて

https://goo.gl/gMo3j2
デイリースポーツ 2017.5.13
八重樫、ストレートに切れ 3度目防衛戦へ練習公開
 国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級王者の八重樫東(大橋)が13日、横浜市の所属ジムで3度目の防衛戦(21日・有明コロシアム)に向けた練習を公開し、ミット打ちでは右ストレートに切れがあり、動きも軽快だった。
 調整が順調な34歳の王者は精神面を鍵に挙げ「いつも新鮮な気持ちで向かっていけるように、緊張感を感じて締めていかないといけない」と慢心を敵とした。対戦相手の暫定王者、ミラン・メリンド(フィリピン)は攻防兼備の強敵で接戦が予想される。「一筋縄ではいかない。そこを乗り越えないといけない」と自らに言い聞かせるように話した。

https://goo.gl/7qbP46
デイリースポーツ 2017.5.14
八重樫3度目の防衛に手応え 大橋会長「最近にない仕上がり」
「ボクシング・IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ」(21日、有明コロシアム)
 3度目の防衛戦に臨む八重樫東(34)が13日、横浜市内の大橋ジムで練習を公開。自身は13度目、大橋ジムは40度目を迎える世界戦へ心の緩みを戒めた。
 八重樫はミットとサンドバッグ打ちで力感あふれる連打を繰り出すなど好調を感じさせる動きを披露。大橋秀行会長も「最近にない仕上がり」と手応えを感じていた。
 当の八重樫は体調だけでなく「世界戦をたくさんやらせてもらって、新鮮な気持ちで試合に向かっていけるように、陣営も含めて気を引き締めたい」と精神面の重要性も強調。これには大橋会長も「言われて気づいた。気持ちが慣れてしまっていた」と、弟子の言葉に感心していた。

0 件のコメント:

コメントを投稿