2017年10月16日月曜日

10・22東京・両国国技館予想

https://goo.gl/UwjC86
猫とボクシングと私。 ~拳論と猫論 2017.10.14
★予想!エンダム×村田、比嘉×マソン、拳×ゲバラ
10・22東京・両国国技館「N’DAM VS MURATA2」
 ▼WBA世界ミドル級タイトルマッチ 12回戦
  王者・アッサン・エンダム(フランス) × 同級1位・村田諒太(帝拳)
 ▼WBC世界フライ級タイトルマッチ 12回戦
  王者・比嘉大吾(白井具志堅)× 同級6位・トマ・マソン(フランス)
 ▼WBC世界Lフライ級タイトルマッチ 12回戦
  王者・拳四朗(BMB) × 同級1位・ペドロ・ゲバラ(メキシコ)

予想!エンダム×村田

1.エンダムのKO勝ち 151
2.エンダムの判定勝ち 97
3.村田のKO勝ち 183
4.村田の判定勝ち 119
5.ドロー 17


★予想!比嘉×マソン

1.比嘉のKO勝ち 270
2.比嘉の判定勝ち 17
3.マソンのKO勝ち 10
4.マソンの判定勝ち 17
5.ドロー 64


★予想!拳四朗×ゲバラ

1.ゲバラのKO勝ち 103
2.ゲバラの判定勝ち 99
3.拳四朗のKO勝ち 42
4.拳四朗の判定勝ち 61
5.ドロー 40

会長、いつもありがとうございます

https://goo.gl/drxt4o
脇るり子さんのfacebook 53分前

今日は、家族で大橋ボクシングジムに遊びに行って来ました😊

元世界王者で現役続行を発表された八重樫さんや、ロンドンオリンピック銅メダリストの清水さんにもお会いでき、素敵な記念になりました😄

会長、いつもありがとうございます😄

2017年10月14日土曜日

2017年10月14日(土)9:30岩手朝日テレビ

https://goo.gl/wyE217
八重樫東選手のInstagram yaegashiakira0225

明日の朝から岩手朝日テレビで生放送する「岩手ありがとうテレビ」に出させていただく事になり朝早いという事でパンダ1匹連れて前乗りです。岩手ローカルなのですが、もし見ていただける方がいらっしゃいましたらよろしくお願いしますm(__)m
ちなみにこのパンダのお洋服は先月L.Aで買ったお土産なのは内緒です。。 かわいいでしょ(´ε` )

returner1977可愛いね❗️

nao48686パンダ🐼も可愛いですが、お嬢ちゃんも可愛いです😍❤️

waraukadohukukitaru可愛いお土産👍ナイスセンス👍✨✨

kfam.sayo可愛い(´ω`*)

https://goo.gl/YgjfLt
岩手朝日テレビ 2017年10月14日(土)9:30~14:30放送

岩手ありがとうTV

岩手県民の皆様への感謝を形にするとともに、
復興の途中にある被災地の現在とその未来を見つめます。
「復興支援」&「挑戦」をテーマに、
盛岡駅西口のIAT本社特設スタジオから
5時間の生放送!!
生放送中Twitterでみなさんのつぶやき募集!!

生放送中にツイッターで視聴者のみなさんの
番組への感想・メッセージを表示します!!
(文字数は50文字で!!)

Twitterアカウントをお持ちの方は、
ハッシュタグ #ありがとうTV を必ずつけて
どんどんつぶやいてください!!



出演者

★スタジオゲスト★

八重樫東(元プロボクシング世界王者)(北上市出身)

★各出演者★
・マギー審司
・山川恵里佳
・スギちゃん
・アンダーエイジ
・スーパーニュウニュウ
・アンダーパス
・IATアナウンサー総出演!


番組ではありがとうの気持ちを込めた料理と歌を披露!

東日本大震災、台風10号から立ち上がるため
飽くなき挑戦を続ける人たち、

障がいを乗り越え日本一を目指して活動する人たちを
ピックアップします!!

2017年10月12日木曜日

領域を超えて

https://goo.gl/gqT6qk
木村悠オフィシャルホームページ 2017.10.12
八重樫東選手現役続行!

大橋ジムの八重樫東さんが現役続行するようですね!

5月の敗戦は衝撃的でしたが、

四階級制覇を目指して復帰するようです。
年内あたりに一戦挟んで、来年四階級を目指すようです。
八重樫さんとは学生時代からの付き合いで何度も試合を重ねています。
プロでは対戦経験はありませんが、

スパーリングの経験はあります。
その時は、フライ級の時でしたが、

身体が大きくなっていて圧力を感じました。
元々はミニマム級の選手でしたが、

肉体改造を重ねて階級を上げていきました。
確かに、上の階級に上げてから、

ひと階級下げるのはキツかったと思います。
ライトフライ級の身体を作るのは難しいですよな〜
まだ、誰も達成してない、

四階級制覇!
前人未到の領域を超えて欲しいです!

https://goo.gl/WeiSqS
中スポ 2017年10月12日
八重樫東が現役続行を表明

 ボクシングの元世界3階級王者で、5月にIBFライトフライ級の防衛戦で敗れた八重樫東(34)=大橋=が11日、横浜市内の所属ジムで記者会見し現役続行を表明した。階級をスーパーフライ級に上げ、国内男子初の4階級制覇を目指す。今後はノンタイトル1試合を挟んで世界再挑戦する予定。時期は未定だが、大橋秀行会長は年末を示唆した。戦績は25勝(13KO)6敗。
 静かでとつとつとした語りの裏に、固い決意があった。八重樫の現役続行、そして日本人男子初となる4階級制覇への決意だった。
 「もういいかなと思った時期もあったし、周りからは引退をすすめる声の方が多かった。だけど、最後は自分の気持ちに正直になって決めました。4階級制覇は最後の大勝負。向かう目標があるのは幸せだと思います」
 5月はまさかの1回TKO負け。出合い頭に強打を浴び、何をする間もなく敗れた。「ボクシング人生が残り少ないことは分かっている。でも、あれでおしまいにしたら悔いが残る」。納得のいく試合をしたいという気持ちが最大の原動力だ。
 今後はボクシングスタイル改造に取り組む。スーパーフライ級に上げると、激闘王の異名をとったこれまでの戦い方では打ち負けてしまう危険があるためだ。「スタイルの修正は難しいが、だからこそやりがいもあります」。すでに同門のミニマム級世界ランカー・原隆二(27)をスパーリングで倒すまでに復調。34歳は、大きな挑戦へ向けて歩み始めている。

現役続行の心動かした意外なベテラン選手

https://goo.gl/9MXxiN
東スポ 2017年10月12日 16時30分
現役続行の八重樫 心動かした意外なベテラン選手

 5月に1回TKO負けを喫し、IBF世界ライトフライ級王座から陥落した元・3階級制覇王者の八重樫東(34=大橋)が11日、所属ジムで会見し、現役続行を宣言した。

 同年代の選手に目を向けると、三浦隆司氏(33)、内山高志氏(37)が相次いでグローブをつるし、山中慎介(35=帝拳)も進退を保留。時代を彩った強豪たちが続々とリングを去り、世代交代の波が押し寄せているが、八重樫は「年齢に逆行するのもひとつ」と自身の進む道を言い表した。

 ボクシング界では辰吉丈一郎(47)が今なお現役にこだわり、サッカー界に目を向ければ、Jリーグの最年長得点記録を更新したFW三浦知良(50=横浜FC)がプレーを続けている。だが、引退か現役続行かで悩む中で、3階級王者の心を動かしたのは、意外な選手だった。

 それは長年バスケットボール日本代表を支え、現在はBリーグ北海道のオーナーも兼務する折茂武彦(47)。バスケットボールのプロ選手としては高齢で、コート外の仕事もこなす異色の存在だが、八重樫は「体の手入れをしてちゃんと加齢と向き合っている」と通ずるものを感じ取った。

「自分のボクシング人生で最後の大勝負」と位置づける今回、日本人初の4階級制覇に向け、階級を上げてスーパーフライ級で王座奪取を目指す。納得できるゴールに向け、八重樫の最終章が幕を開けた。

これは茨の道だぁ が、応援するしかないよねぇ

https://goo.gl/8nyxMv
ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか? 2017-10-12 09:09:57

34歳・八重樫東が現役続行‼ 4階級制覇挑戦を想う

34歳・八重樫が現役続行!年末に再起戦、来春にも4階級制覇挑戦 サンケイスポーツ  

>プロボクシングの元3階級王者、八重樫東(34)=大橋=が11日、横浜市内の所属ジムで会見し、現役続行を表明した。Sフライ級に階級を上げた上で年末に再起戦を行い、来春にも日本選手初となる4階級制覇に挑戦する。

 5月のIBF世界Lフライ級タイトルマッチでミラン・メリンド(フィリピン)に1回TKOで負け、3度目の防衛に失敗。その後、進退を考えてきたが「あの試合でボクシング人生を終わりにするのは納得できなかった」。9月上旬に大橋秀行会長(52)に現役続行の意志を伝えた。

 すでにスパーリングを再開しており、「目標があるのでモチベーションは高い。最後の大勝負になるが、悔いのないようにしたい」。ボクサー人生の集大成となるベテランの戦いが始まる。

…そうですかぁ

しかし、両手放しで喜べるボクシングファンは少ないのではないでしょうか?

前戦の王座陥落は衝撃的でしたねぇ

あそこまであっさりと敗れるなんて信じられなかったですが、しかし、これまでの「激闘のツケ」が溜まってしまっていたのならば、悲しいけれど、仕方がない部分はある…と僕は感じてもいた

が、戦うお父ちゃんは復活を宣言した

大橋会長も慎重に検討したそうですが、どうしても親心といいますか、同情の気持ちが働いちゃうでしょうから、冷静な判断ができなくなっちゃっても仕方がないかな…なんて穿った見方をしちゃう部分も否定できないし…

一発勝負の4階級制覇挑戦かぁ…

別の新聞記事では、同門のスーパースターである井上尚選手が八重樫選手のために「席を開ける」的な記述もあるけれど、となると、井上尚選手がバンタムへ転級した後に八重樫選手が王座決定戦に挑むあ青写真がすでに大橋ジム内で描かれているのかな…?

ただ、しかし、そうは簡単ではない

はっきり言って、今のスーパーフライの充実はかなりエグイ過ぎるほどだ

そして、階級の壁の厚さに改めて感じ入ってしまうのは、あの八重樫選手の宿敵となった、ローマン・ゴンザレスがパワーの差に苦しみ、そして、耐久性で苦しみ、ついにはまさかのTKO負けに沈んだわけですが、八重樫選手もその大きな壁の前に苦しむことは必至…

実は、八重樫選手、かつて、あのロマゴンをTKOした男、シーサケットを倒しているのですが、それは2009年の話ですし、ミニマム級時代の、それも世界チャンピンになる前の話ですからねぇ

八重樫×シーサケット、八重樫×アンカハス、八重樫×クアドラス、八重樫×エストラーダ…とか、ちょっと想像しづらいですねぇ

これは茨の道だぁ

が、応援するしかないよねぇ

戦うと決めたのだったら、こっちも応援するしかないですよねぇ

今や日本を代表する「激闘派」として称賛されている八重樫選手でありますが、その最終章はさらに厳しく神々しい領域での戦いとなります

応援する側も、歯を喰いしばらなくちゃいかんですな

最後のこだわり

https://goo.gl/v3A7BS
日刊スポーツ 2017年10月12日10時38分
八重樫の最後のこだわり、現役続行宣言に秘めた思い

「激闘王」が最後の勝負に出る。ボクシングの元3階級王者八重樫東(34=大橋)が現役続行を表明した。5月のIBF世界ライトフライ級王座V3戦で1回TKO負け。「ダメージの蓄積が心配」「もう辞めた方がいい」-。引退を勧める周囲の声にもまれながらも、熟考の末、「情熱が残っている。このまま辞めたら悔いが残る」とリングに戻る決断をした。

 9月。八重樫の思いをかいま見た。同門のWBOスーパーフライ級王者井上尚弥の米デビュー戦が行われたロサンゼルスで話す機会があった。ホテルの壁に張られたWBC同級王者シーサケット、挑戦者ローマン・ゴンサレスの2人が写された巨大なポスターを指さすと、冗談っぽく言った。

 「僕2人とも戦ってるんですよね。僕が負けたロマゴンにシーサケットが勝った。ただ、ぼくはシーサケットに勝ってます。あいつのデビュー戦ですけど(笑い)。これでジャンケンでいうと、グー、チョキ、パー。つまり、誰が一番強いか分からないってことです(笑い)」。

 込み入った話はしなかったが、言葉の端々にリングへの強い思いがにじみ出ていた。シーサケット、ロマゴン、井上、クアドラス、エストラーダ…。同じ興行に出場したスーパーフライ級のトップ選手の戦いを肌で感じたことで、「強い相手ともう一勝負」の思いを強めたに違いない。

 07年の世界初挑戦から節目の10年。イーグル京和にあごを折られて敗れると、次のチャンスまで4年間待った。11年に念願の世界王座を奪取。井岡との統一戦で両目が腫れてふさがるほどの激闘の末にベルトを失うも、フライ級で2階級制覇を達成。14年には誰もが対戦を避けてきた最強ロマゴンを挑戦者に指名し、ファンの喝采を浴びた。同年末に3階級制覇をかけたゲバラ戦でボディーでKO負け。「引退」もささやかれたが、再起すると、15年末に2度目の挑戦で3階級制覇を達成した。

 顔に刻まれた無数の傷痕は、激動のキャリアを物語る。現役続行を宣言すると、「もう第何章か分からないです。後書きですよ、後書き」と笑った。34歳。年齢から来る肉体の微妙な変化は感じている。3人の子供の「お父ちゃん」として体の大切さも痛いほど分かっている。ただ、向き合い続けてきたボクシングへの思いを強引に閉じこめることは出来なかった。

 現役続行を聞き、八重樫が口にしていた言葉を思い出した。「スポーツ選手はみんなあがいてあがいて辞める。あの室伏さんでも引退した。だから、僕も年齢にたてつき、どこまでできるか試したいんです」。

 井上がボクシング界の未来を照らしてくれる選手なら、八重樫はもっと近い明日への活力を与えてくれる選手だと思う。どんな後書きを記し、ボクシング人生を締めくくるのか-。八重樫の最後の戦いに注目したい。