2018年5月25日金曜日

試合は19時57分からフジテレビ系列で生中継

https://goo.gl/zbTBvQ
ベースボールマガジン社WEB 2018-05-25
今夜ゴング!
井上尚弥の豪快KOでの3階級制覇はなるか!?

マクドネルは計量を1時間も遅刻
 いよいよ今夜に迫ったWBA世界バンタム級タイトルマッチ。東京都・大田区総合体育館で日本の誇るスーパースラッガー、井上尚弥(大橋)がここまで5度も防衛してきている強豪チャンピオン、ジェイミー・マクドネル(イギリス)に挑む。

試合に先立ち、24日には都内のホテルでこの試合の計量が行われた。井上が53.5kgのバンタム級リミットいっぱい、マクドネルは53.3kgとともに一発でパスしている。

 もっとも、マクドネルは午後1時の定時を1時間10分近くも遅刻し、なおかつ直前の厳しい減量の影響はありありで、血圧は89/69と異常に低かったし、自力で服を着るのも大儀な様子だった。

「(マクドネル側から)謝罪のひとつもありませんでしたね。陣営の態度にも正直、イラッときました」

 井上の闘志にさらに火をつけた。マクドネルの減量法は直前になって極度に水分を抜く最近流行の方法で、回復も早いとされるが、1日でどこまで本来の体調を取り戻せるのかも勝負を占う大きなカギになるのだろう。

前日までとはまるで別人のような姿になったマクドネル。200gアンダーで関係者をホッとさせたが、連日の遅刻で周囲を大いに振り回し、ひんしゅくを買ったのも事実 写真/佐藤伸亮

速さと豪打、井上の能力が爆発する可能性が高い
 ただし、そんなウェイトコントロールのあれこれを別にしても、井上有利の予想が大勢を占める。その根拠は挑戦者が持つ圧倒的なパワーにある。右ストレート、左フックと軸にしているパンチにはギガ級、いやテラ級の破壊力がある。さらに圧倒的なクイックネスもある。瞬時にポジションを移動しながら、どの角度からもたちどころにすばらしいコンビネーションブローを打ち込んでいく。

 もちろん、マクドネルも強者である。178cmとされていた身長は、来日後の検診で175.5cmと判明したが、バンタム級としてはまれに見る長身であることに変わりはない(井上は165.2cm)。リーチも182cmと井上より11cm以上も長い。その体格面の優位をフルに活かすのが、マクドネルの持ち味でもある。

 このチャンピオン、スピードも、一発パンチも特筆するほどでもないが、守りは強い。リーチを伸ばし、さらに上体をそり返すスウェーバックという技術はなかなかの逸品だ。攻めは長い右ストレートもあるが、むしろ思い切って振り抜く左フックのボディブローが目立つ。

 井上はまずマクドネルの作る長い距離を潰すのが第一の仕事になる。けれど、井上の迅速で確実なステップがあれば、そんな作業もさして苦にならないのではないか。中盤を迎えるまでに、大きなヤマ場が訪れると見るのが順当だろう。

 もし問題があるとしたら、まずは精神面。決して、いらついたり、功を焦らないこと。井上が打ち終わりに不用意な立ち位置にいたら、マクドネルのタイミングをはかりにくいパンチの標的にもなってしまう。序盤にそんなパンチを食えば、流れも乱れる。どのときに何をすれば、ペースを巻き戻せるかとそんな状況管理術の高さも井上の美質だが、リスクは犯さないほうがいいに決まっている。

勝てば日本最短の3階級制覇だが、それ以上の価値もある
 井上はここまでプロ戦績15戦全勝(13KO)。勝てばWBCライトフライ級、WBOスーパーフライ級に次いで世界タイトル3階級目の制覇となる。井上はプロ戦績はここまで15戦全勝(13KO)。3階級制覇を達成した日本人選手は4人いるが、井岡一翔(井岡)の18戦を抜いて日本最短記録、世界を見ても、五輪連覇から3戦目で最初に世界王座を獲得したワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)の12戦目に次いで史上2位の記録になる。

 さらに井上にとっては、このマクドネルとの戦いにはそんな記録のあれこれ以上の価値がある。勝利できれば、WBSS(ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ)にシード選手としてエントリーされる。世界のトップ級8人で争われるこのトーナメント戦は、2017年秋から第1シーズンがスタートを切り、スーパーミドル級、クルーザー級で決勝を待つだけだが、その賞金総額は50億円を超える。井上が参加資格に王手をかけている第2回大会のバンタム級でも、優勝すれば数億の賞金が保障されるのは確実といわれる。

 大事なのはお金の多寡ばかりではない。お金の額がそのままプロフェッショナルのステータスになるのだ。だからこそ、金銭的な面を強調したい。なお、このトーナメントを勝ち抜けば、イギリスからアメリカに転戦し、ミリオンダラー(100万ドル)ファイターとして世界のトップに立つこともできる。夢は果てしなく続くのだ。

 試合は19時57分(関東以外では20時2分)からフジテレビ系列で生中継される。

2018年5月23日水曜日

全米生中継

https://goo.gl/KvnnB6
大橋会長のfacebook 2018.5.23 19:15 3時間前

調印式が終わりました!グローブは井上尚弥がウイニング マクドナルドがアメリカ製です
試合もアメリカ イギリスで生中継 記者も
外国人が多く質問も英語が多く世界に向けた一戦と改めて感じました 明日は計量です 注目を浴びた計量になると思いますが 試合が楽しみです!







https://goo.gl/AuhYvd
THE ANSWER 2018.05.22
井上尚弥、3階級制覇かける一戦は全米生中継 「イノウエは最も才能あるファイター」

プロボクシングの前WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)は25日にWBA世界バンタム級タイトルマッチ(大田区総合体育館)で同級王者ジェイミー・マクドネル(英国)に挑戦するが、注目の一戦が全米で生中継されることになった。中継局の米放送局「ESPN」が公式サイトで明らかにしている。

井上―マクドネル戦の全米生中継が決定
 プロボクシングの前WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)は25日にWBA世界バンタム級タイトルマッチ(大田区総合体育館)で同級王者ジェイミー・マクドネル(英国)に挑戦するが、注目の一戦が全米で生中継されることになった。中継局の米放送局「ESPN」が公式サイトで明らかにしている。

 井上は昨年9月のアントニオ・ニエベス(米国)との米国デビュー戦で、全米生中継されたが、当時のメインイベントはローマン・ゴンサレス(ニカラグア)と、シーサケット・ソールンビサイ(タイ)のWBC世界スーパーフライ級タイトルマッチだった。

 今回も、WBC世界ライトフライ級王者・拳四朗―ガニガン・ロペス(メキシコ)戦とのダブル世界戦だが、井上が堂々のメインを務める。

「イノウエ“Monster”ナオヤがジェイミー・マクドネルとタイトルかけ対戦」

 同局はこう見出しをつけて、大いに盛り上げている。試合時間は日本時間では25日の夜だが、米国では同日の朝。「ボクシングファンは金曜の朝、世界タイトルのダブルヘッダーで目が覚めることだろう」と煽っている。
「イノウエは日本で最も才能のあるファイターの一人だ」と同局も大きな期待
 同局と契約する、プロモーション会社「トップランク社」のトッド・デュブッフ氏は「(ESPNが)ワールドクラスの国際的ファイターたちを日中いつでも観戦できる素晴らしいプラットフォームとなりつつある」「金曜のイベントはESPNのプラットフォームに感動的なワールドクラスのボクシングを提供するさらなる一歩だ」とコメント。井上に軽量級のスターとして、熱視線を送っているようだ。

「イノウエは日本で最も才能あるファイターの一人だ」と同局。勝てば高額賞金争奪トーナメント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」への参戦も確実で、世界的な注目度がさらに上昇するのは間違いない。目の肥えた本場のファンをうならせるような試合を期待したいところだ。

特別表彰

https://goo.gl/h1UzvS
IBC岩手放送ニュース 2018年05月22日 16:48

70回目の県高校総体 総合開会式
70回目の節目の大会が開幕です。インターハイをめざす高校生アスリートの祭典、県高校総体の総合開会式が22日、盛岡で行われました。記念の式典にはあの「激闘王」やオリンピアンも登場しました。
 70回目の節目を迎えた岩手県高校総合体育大会。今年は高総体で活躍した功労者への特別表彰が行われ、黒沢尻工業高校時代にインターハイで優勝を果たした北上市出身のプロボクサー・八重樫東選手に賞状が贈られました。
 真夏のような日差しが降り注ぐ中、県内82校・2350人の選手たちが晴れやかな表情でトラックに登場しました。選手宣誓は去年のインターハイ・山岳競技で優勝した盛岡一高・女子登山部の西森優キャプテンが行いました。
 (選手宣誓)「70年という節目の年に選手として、きょうこの日を迎えられたことを誇りに思います」
 また、会場ではトークセッションも行われ、ピョンチャン・オリンピックのスノーボード女子ビッグエア4位で一関学院高校2年の岩渕麗楽選手が同じ高校生アスリートを激励しました。
 (岩渕選手)「私が今まで応援してもらった分を、今度は私が皆さんを応援して返せたらいいなと思っています頑張って下さい」
 トップアスリートたちの共演に会場が盛り上がると、いよいよ、恒例の応援合戦の時間です。
 (チアリーディング)
 総合開会式を巡っては、県高体連が今年度を最後に廃止する案を示しています。きょうは、伝統のバンカラ応援を行っている6つの高校の応援団がフィールドに集まり、「目指せ世界一の応援合戦」と書かれた横断幕を掲げ、存続を訴えました。県高総体は24日の陸上競技などを皮切りにスタートします。

県高校総体が開幕

https://goo.gl/imnoYQ
FNN PRIME 岩手めんこいテレビ 2018年5月22日 火曜 午後10:15

若さ躍動! 高校総体開会式 県高体連70周年

高校生のスポーツの祭典・県高校総体が開幕。

総合開会式では、各校が熱い応援合戦を繰り広げた。

一方で、開会式の廃止案も示されていて、生徒たちは特別な思いで参加した。

22日は、岩手県内82校からおよそ1万4,000人の高校生が参加し、式の前から応援で火花を散らした。

式が始まると、およそ2,300人の選手団が旗を振りながら元気よく入場行進した。

選手宣誓は、2017年のインターハイで優勝した、盛岡一高登山部の西森 優選手が務めた。

西森選手「70年の節目の年に、選手として、きょうこの日を迎えらえたことを誇りに思います」

2018年は70回目の節目の大会で、これまでのインターハイの優勝選手を代表し、プロボクサーの八重樫 東選手が表彰された。

黒沢尻工業出身・八重樫選手は「ボクシング部としてインターハイを優勝できたことは、世界チャンピオンに初めてなった時よりもうれしかったのを覚えています。1つでも勝ちを経験して、かけがえのない高校生活を歩んでほしい」と語った。

このあと、県出身のアスリートが集結し、トークセッションが開かれた。

スノーボード・岩渕麗楽選手「(競技を)楽しくやっているのを忘れたくない。次は北京オリンピック金メダル目指します」

陸上 競歩・高橋英輝選手「仲間との絆を大切にして、精いっぱい自分の力を出し切ってほしい」

開会式のあとの応援合戦は、互いの健闘を祈るため長年行われていて、各高校が特色ある応援を披露する。

一方、総合開会式をめぐっては、県高体連が少子化や職員の負担などを理由に、2018年度で廃止することも視野に検討を進めている。

そんな中、各校のバンカラが集まって、応援合戦が繰り広げられている。

みんなで心を1つに、存続を訴える。

6校の応援団が2017年から一緒に行っていて、22日は「目指せ世界一の応援合戦」と書かれた横断幕を掲げた。

花巻北応援団・小原亮太団長「絶対廃止にしたくない、この良さを何とかして伝えたいということで、6校で合同でやらせてもらいました」

岩手女子応援団・阿部優花団長「さみしいけれど、きょう、ちゃんと頑張ろうと思って来ました」

岩手女子応援団・小川紗雪副団長「できれば、来年もまたやりたいと思います」

盛岡一応援団・大友俊也団長「ここで初めて楽しい応援をすることも、開会式の意義だと思います。もちろん存続してほしい」

県高総体は6月4日までに32競技が行われ、7月の全国大会を目指して、選手たちが練習の成果を競う。

存続を訴えている6校の応援団は、今後、集めた署名を県高体連に提出し、意見交換の場を求めるという。

一方、県高体連は今後についてまだ結論は出しておらず、広く意見を求めて決めたいとしている。


本日のデザートは、チーズケーキ

https://goo.gl/DpYrQr
鍼灸 リラクゼーション 然-Sikari- 2018年05月22日

お気に入りカフェ♪

最近、お気に入りのカフェ「カウント8」へ姪っ子と行ってきました

ココは、プロボクサー八重樫 東さんのお店です

コーヒー&デザート、手作りパンも美味しいので一息つきたい時に利用しています

この日の本日のデザートは、チーズケーキでした❣️

サックリふわふわで絶品でした

そして、なんと
八重樫さんにお会いすることが出来ましたぁー

何度か来店していましたが、初めて会えましたぁーー
爽やかで素敵な方でした


地獄のサーキットトレーニング合宿

https://goo.gl/n1tBbG
youtube 2018/05/22公開

【驚愕】過酷すぎるトレーニング。。。

MANPOTE TV マンポテ TV

WBA、WBC、IBF各団体の最上位の世界王座だけで3階級制覇の初の日本人王者八重樫東選手
ロンドンオリンピック銅メダリスト、OPBF東洋太平洋フェザー級王者清水聡選手
長谷川穂積さんのジムでトレーニング合宿
初日b2ファクトリー2日目長谷川穂積さんのジム3日目b2ファクトリーと過酷な午前午後の2部練合宿!
あまりの過酷さに観ている方も息があがる!
地獄のサーキットトレーニング
1分間バイク 高負荷のミドル回転数キープ  底負荷のハイ回転数キープ
1分間反復横飛び身長幅30往復以上
スクワットジャンプなど
30秒体幹、上半身、腸腰筋など
30秒シャドーがレスト
以上を10セット

HOZUMI    HASEGAWA   FITNESS&BOXING
神戸市灘区八幡町2丁目12番17号2.3.4F
阪急六甲駅南出口から東へ徒歩1分

初心者の方から経験者、女性、お子様まで楽しめます!
秀島正芳  早川怜  B2ファクトリー マンポテTV
宮迫xTarzan   肉体改造計画
https://youtu.be/lPoYYGbJg94
【1ヶ月でバキバキに割れる!】松岡茉優(22)の腹筋法とは?
https://youtu.be/nOJeCDn3kPA
ワイドナショー   Gacktの筋トレ法VS松本人志の筋トレ法
https://youtu.be/qNQZ2U3v5UE
GACKTの筋トレ!懸垂、腹筋、腕立て est. | GACKT bodyweight workout
https://youtu.be/l4GvJhVF6H0

出場選手への激励の言葉

https://goo.gl/MCb7yK
岩手県広聴広報課さんのTwitter 2018.5.23 11:45 16時間前

本日、高総体の開会式が行われました。
ボクシングの元世界王者八重樫東選手、競歩の高橋英輝選手、ボクシングの梅村錬選手、平昌オリンピックで入賞したスノーボードの岩渕麗楽選手、平昌パラリンピックに出場したスキーの髙橋幸平選手などから、出場する選手へ激励の言葉がありました。