2016年2月21日日曜日

盛り上がりました

http://goo.gl/XXBMGs
大橋会長のオフィシャルブログ 2016.02.21
ボクシング教室!
横浜ロータリー
クラブ主催
青少年育成セミナーにて八重樫東image井上尚弥
ボクシング教室
盛り上がりました!












http://goo.gl/hZLGKH
神奈川新聞 2016年2月21日(日)5時0分
世界王者が青少年に指導
 2人のボクシング現役世界チャンピオンが20日、横浜市金沢区の市野島青少年研修センターで若者たちに基本的な動作などを教えた。減量の乗り越え方や大事にしている言葉なども披露した。
 指導は横浜・川崎地区のロータリークラブ主催の「青少年のためのリーダーシップ研修」の一環で、18~30歳の男女47人が参加した。講師役はともに大橋ボクシングジム(同市神奈川区)に所属するライトフライ級の八重樫東選手(32)とスーパーフライ級の井上尚弥選手(22)が務めた。
 2人はボクシングの基本的な攻撃法であるジャブとワンツーを伝授。「腰を入れて、腕をしっかり伸ばしてパンチする」など、実演しながら説明。参加者もファイティングポーズをとり、「ワンツー」の掛け声で実際にパンチを繰り出した。
 質問コーナーで、減量中の食べ物への誘惑に打ち勝つ方法を問われた井上選手は「試合後においしいものを食べている状況をイメージする」と回答。大切にしている言葉について八重樫選手は「体のサイズは関係ない、大事なのはハートのサイズ」と紹介した。
 高校3年の木全弘樹さん(18)=川崎市幸区=は「壁を乗り越えた人の言葉は胸に響く」などと話していた。

0 件のコメント:

コメントを投稿